消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

原野商法のトラブルにご注意を!

 他県に、30年前に購入した土地がある。売却できずに困っていた。先週、不動産業者から突然電話があり、その土地を買い取ると言うので、今日、訪問を受けて話を聞いた。
 地元の不動産屋に相談した時は200万円ほどの価値だったが、「平地なので600万円で買い取る」などと説明され、売る気になった。登録の申し込みということでまずは7万円を請求され、持ち合わせがなかったので1万円だけ払った。家族から不審だと言われ不安になった。どうしたらいいか。

センターからのアドバイス

 「原野商法の二次被害」と思われます。以前に土地を売りつけられ、その土地の活用に迷っていた方はついつい業者のこのような話に耳を傾けてしまいがちですが、「売るためには測量が必要」と測量代を請求されたり、ことば巧みに他の土地と交換させられたり、原野商法のトラブルが増加しています。
 原野などを購入した消費者の情報は、複数の事業者で共有されている可能性があります。家族や知人などに相談して慎重に判断しましょう。迷った場合はセンターにご相談ください。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ