消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

振袖のレンタルや写真の前撮りを解約したら、高額な解約料がかかる!?

 1年前、来年の成人式の振袖のレンタルと、写真の前撮りを成人式会場の近くの美容院で契約した。代金は既にクレジットカードで一括払いしている。2か月後には前撮り撮影がある。
 ところが、市の成人式が中止になると発表されたので美容院に解約を伝えたところ、「サービスは提供するので利用してほしい。解約ならば解約料が3割かかり、7割を返金する」と言われた。全額返金を求められないか。

センターからのアドバイス

 成人式が中止になったことを理由に、解約料なしで解約するのは難しいと思われます。解約等については、それぞれの契約の規約や約款等に従った対応となることが基本になります。
 しかしながら、契約書に書かれていればどのような解約料も認められるというわけではありませんので、契約書面をきちんと見直して、事業者に解約の理由を伝え、よく話し合うことをお勧めします。
 また、市役所や区役所では無料法律相談を行っていますので、弁護士の見解をお聞きになるのもよろしいかと思います。無料法律相談のご予約は、各役所まで。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ