消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

食中毒を防いで安全な食生活を!

新型コロナウイルス感染症対策で、テイクアウトやデリバリーを利用する機会が増えている方も多いと思われます。
気温や湿度が高くなり、料理が傷みやすい時期を迎えるにあたり、消費者庁からテイクアウト等を利用するときの4つのポイントと、食中毒予防の3原則が発信されましたのでご紹介します。
 テイクアウト等を利用するときのポイントは
 (1)購入後は長時間持ち歩かない!
 (2)持ち帰ったらすぐに食べる!
 (3)再加熱は中心までしっかり加熱!
 (4)食べる前にはしっかり手洗い! 
 また、食中毒予防の3原則は、食品を購入してから食べるまでの過程で
 (1)しっかり手洗いして食品に細菌を「つけない」
 (2)長時間持ち歩かず食品に付着した細菌を「ふやさない」
 (3)しっかり加熱して、食品に付着した細菌を「やっつける」
 上記にくれぐれも注意して、安全な食生活を送りましょう。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ