消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

クーリング・オフができないって本当?

 昨日、事業者の突然の訪問を受け、「10年前にお宅の床下の工事をした。点検させて欲しい」と言われた。築30年で、あちこちが傷んでいたので家にあがってもらった。床下やキッチンの劣化を次々に指摘されて、高額な工事の請負契約をしてしまった。3日後から工事に取り掛かることになるが、「システムキッチンの事業者を呼ぶことになるので、クーリング・オフはできない」と言われた。そして、着工時に半額を払うように言われ、契約してよかったのか心配になってきた。
 よく考えた結果、工事を断ることにしたが、クーリング・オフができないというのは本当なのか。

センターからのアドバイス

 事業者の突然の訪問での契約なので、契約日から8日以内であれば無条件で解約できるクーリング・オフ制度が適用されます。また、工事に関わる別の事業者を呼ぶことから全体のクーリング・オフができなくなるということはありません。
 クーリング・オフは書面で通知し、その際はコピーを取り、簡易書留等、記録の残る方法で行いましょう。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ