消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

「なんでも買い取る」という訪問買取業者は強引です!注意しましょう!

先日、「何でも買い取る」という事業者から電話があり、古着を出すつもりで来訪を承諾した。しかし、その後、「貴金属はないか?」と聞かれたので「ない」と答えたが、「自宅に行くので探しておいてください」と電話を切られ不安になった。本日訪問の約束だが、この事業者は信用できるか。どのようなことに気をつけたらいいか。

センターからのアドバイス

 事前に買い取りを承諾した物品以外は買い取ってもらわないようにしましょう。当初の話とは別の物品の売却を求めることは禁止されています。センターには貴金属の買い取りに関するトラブルが多数寄せられています。貴金属はむやみに見せない、触らせないように注意してください。
 もし、買い取りを依頼したことを後悔した場合は、契約日から8日以内であればクーリング・オフができます。記録の残る書留などで事業者に通知しましょう。それ以降でもあきらめずにセンターにご相談を。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ