消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

柔軟仕上げ剤のにおいで体調不良?

 マンションに住んでいるが、近隣の世帯から柔軟剤の強いにおいが漂ってきて、頭痛や吐き気、めまいがするなど体調不良を起こした。メーカーに「香り」で苦しんでいる消費者がいることを伝えて、におい成分を減らしてもらいたい。

センターからのアドバイス

 各地の消費者センターに柔軟仕上げ剤のにおいの相談が寄せられ、国民生活センターは業界・事業者・行政へ商品選択のための適正な表示を検討する等の要望を出し、消費者には次のようにアドバイスをしていますので、参考にしてください。
①自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じ、中には体調を崩すという申し出もあることを認識しておきましょう。
②香りの強いタイプの柔軟仕上げ剤を表示の2倍量使用すると、総揮発性有機化合物(TVOC)は顕著に上昇しましたが、臭気判定士により調べたにおいの強さに明らかな差は認められませんでした。使用量の目安を参考に、過度な使用は避けましょう。
③商品を選択する際は、商品パッケージの「香りの強さの目安」を参考にしましょう。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ