消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

賃貸アパートの修理代は誰が払うの?

 6年住んでいる賃貸アパート(築30年)の風呂場のドアが壊れた。家主が管理業者に委託をしていない物件なので家主に直接伝え、家主が修理業者を手配した。
 修理業者からは「経年劣化によるもので、簡易な修理では直らない。ドアを交換する、それには約10万円かかる」と言われたが、家主は「使い方が悪いせいだから半額を負担してもらいたい、負担しないのなら修理業者の手配をしない」と高圧的だ。自分のせいではないので費用は払いたくない。

 

センターからのアドバイス

 国土交通省の原状回復のガイドラインでは、借主の原状回復義務に、経年劣化や通常の使用で生じる損耗については含まれないとされていましたが、更に、民法が改正され、経年劣化や通常損耗については借主に負担義務がないと明文化されました。家主にはその旨を伝えて、負担しないことを主張しましょう。それでも負担を迫られる場合は、区役所や市役所で無料法律相談をお受けになることをお勧めします。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ