消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

美容医療もエステと同様の法律規制の対象になりました

 インターネットで3か所の脱毛が3万円でできる医療脱毛のコースを見つけ、クリニックに出向いた。最初にカウンセリングを受けたが、「3回では十分な効果が得られない。」と言われ、8回で17万円の契約をした。

 1回目の施術を受けたところで妊娠が発覚したので中途解約を求めたところ、「解約できない。どうしても解約するならば1回目の施術代金として10万円請求する」と言われた。

 1回分は施術を受けているのでその分は支払うつもりだが、10万円はあまりに高額で納得できない。支払わなければならないだろうか。

 

センターからのアドバイス

 従来からエステは法律でクーリング・オフや中途解約などの規制の対象となっていましたが、「医療脱毛」「医療痩身」など、いわゆる医師が行う美容医療施術においては規制の対象外となっていました。

 しかし、販売方法や広告に問題のあるものや、「施術前にも関わらず高額なキャンセル代を請求された」「中途解約できないと言われた」など、苦情相談が多かったことから、法律改正が行われました。

 平成29 年 12 月 1 日以降の契約については、要件に該当すれば、特定の美容医療サービスについてもクーリング・オフ規制の対象になります。また、中途解約についても法律の適用を受けることになります。

 思わぬトラブルを防ぐためにも、「本日中に契約すれば割引」などのセールストークに惑わされることなく、契約前に概要書面・契約書面をよく読み、納得した上で契約することが大切です。

 困ったな、と思ったらセンターにご相談ください。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら
一覧に戻る