消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

賃貸アパートを退去したら高額な費用を請求された!

 3年ほど住んでいた賃貸アパートを1か月前に退去したが、最近になって原状回復費用として24万円の請求書が届いた。子供がいるのでクロスの落書きや床の傷はあったが、敷金の10万円内で清算されると思っていたので、驚いた。

 減額してもらえないのだろうか。

 

センターからのアドバイス

 賃貸アパートの退去時のトラブルは、センターにも数多く寄せられています。国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、通常使用による自然消耗や経年劣化によるものについては貸主負担、たばこやペット、落書き、飲食をこぼしたことによるシミ、その他不注意による汚損などは借主負担とされています。

 今回の場合、上記ガイドラインに当てはめると、落書きなどは後者に当たるため、借主が原状回復費の負担をすることになります。しかし、納得いかない点については請求内容の明細の開示を求め、必要以上の箇所まで負担することになっていないか、相場以上の費用を請求されていないか確認し、申し出てみてはいかがでしょうか。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら
一覧に戻る