消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

仮想通貨の自動売買ツールで億万長者をうたうサイト

  1週間前、スマートフォンで「仮想通貨で資産運用して億万長者に!」という広告を見つけた。興味をそそられたのでリンクの動画を見ると、代表者らしき人が出てきて、「ドバイに専門のプロジェクトチームをもち、仮想通貨の取引所の価格差を利用してもうける自動売買ツールを開発・運営している。私は1年間で6億円以上の利益があり、ツールに任せて放置しているだけで勝手に利益が得られている」とPRしていた。

 早速クレジットカード払いで10万円でツールを購入する契約をしたところ、事業者から「あと50万円追加すれば、さらに有利な投資ができる」と電話で誘われ、追加の契約もしてしまった。

 しかし、その後サイトについて調べてみたら、詐欺という書き込みが多数あったし、届いたアプリを見てもとても儲かるとは思えない内容だった。契約を取り消して返金してもらえないだろうか。

 

センターからのアドバイス

 今回の事例のように、SNSやネットで「初心者でも簡単に儲かる」「投資・仮想通貨の自動売買ツール」などと書かれた広告から、もうかる仕組みもよく分からないまま高額な契約をしてしまったものの、儲からないので返金してほしいという相談が増えています。

 「初心者が簡単に絶対もうかる方法」など存在しないにもかかわらず、儲かると断言し勧誘していることから、センターでは勧誘時の説明と事実が異なることを挙げて、解約を求める書面を事業者に送付するとともに、クレジットカード会社や決済代行業者に支払停止の抗弁書を送るよう助言しました。

 しかし、このようなトラブルの解決は、残念ながら事業者の対応次第で、困難なことが多いのが現実です。

 日頃から、「投資には必ずリスクがつきものであり、リスクが無いとうたうもうけ話は疑うこと」「仕組みがよく分からない投資話はきっぱり断ること」を心がけましょう。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら
一覧に戻る