消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

子供の塾を解約したいが入会金や月謝の返金は可能か?

 9日前、子供を塾に通わせようと思い、体験授業を受けた。入塾することにしたが、初回の授業の前に入会金5万円と2か月分の月謝の合計10万円を振り込むよう言われて振り込んだ。

 ところが初回の授業を受ける前に、急に子供が塾に行きたくないと言い出した。どうやら体験の時の授業の指導が厳しかったようで、直前でどうしても行きたくなくなってしまったようだ。

 子供の様子から今後塾に通わせることはできないので、解約したいと申し出たところ、「規約にある通り、一旦支払った料金は返金できない」と言われた。一度も授業を受けていないので、いくらか返金してもらえないだろうか。

 

センターからのアドバイス

 期間が2か月を超える学習塾の契約は、クーリング・オフや中途解約などの規制の対象となる契約です。

 今回の場合、クーリング・オフ期間は過ぎてしまっていましたが、まだ一度も受講していないことから、中途解約により事務手数料等を差し引いた額は返金してもらうことができます。したがって「規約に一旦支払った料金は返金できない」と書かれていても、一方的に消費者の利益を不当に害する契約条項として無効を主張できる可能性があることを助言しました。

 今回に限らず、学習塾に関しては特に退会時にトラブルになることが多く、センターにも多く相談が寄せられています。親御さんが契約に乗り気でも、実際に受講する子供が「合わない」という理由で退会せざるを得ないケースも多く、トラブルが起こりやすい原因となっているようです。

 入塾の契約をする際には、特に退会時の規約もよく確認し、納得した上で契約するようにしましょう。

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら
一覧に戻る