事例詳細

同じアパートなのに、隣の部屋の方が家賃が安い!

住まい
  隣室の住人が引っ越したので、家賃をネットで調べたところ、私が借りている部屋より1万円安かった。業者に減額を求めても更新時以外はできないと言われた。隣室は角部屋で条件がよいのに、わが家の方が高いのは納得できない。

センターからのアドバイス!

  賃貸借契約書に、「土地建物の価格の上昇や低下、あるいは経済事情の変動により賃料が不相当となった場合や近隣の同等の建物の賃料に比較して賃料が不相当となった場合は、双方協議のうえ、賃料を改定することができる」と記載されている場合、家賃の減額については、隣室や周辺の家賃相場を根拠に、交渉の余地はあると思われます。

 

関連記事

 

一覧に戻る
悩まず ご相談ください

あなたのご相談に消費生活相談員が応じ、助言・情報提供等を行います。

相談窓口の ご案内はこちら
  • 新型
コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意
  • 消費生活情報メルマガ 週刊はまのタスケ・メール
  • 横浜市消費者協会の使命と役割
  • 法務省などを騙った架空請求のハガキに注意!
  • 発行リーフレット リーフレット・グッズ等ご自由にダウンロード下さい
  • 消費者契約クイズ 正しい知識でトラブルを未然に防ごう!
  • 相談データ・分析 年度別、消費生活相談概要資料
  • 図書・DVD検索 消費にまつわる専門書や学習DVDを検索
  • 会議室のご案内 学習会、研修会などにご利用いただけます

ページトップへ