消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

「未納金がある」とのSMSを無視していたら、弁護士事務所からSMSが届いた!

 1か月前から「未納金がある」とSMS(ショートメッセージ)がスマホに届いていた。身に覚えがないため無視していたら、弁護士事務所から「法的手段を取る」とSMSが届き、不安になった。どうしたらよいか。
(70才・パート)

 

センターからのアドバイス

 センターでSMSに記載された正規の法律事務所のホームページを確認したところ、当該法律事務所の名をかたった架空請求に関する注意喚起情報が記載されていました。また、ホームページに記載の電話番号とSMSに記載の電話番号が異なっていたため、架空請求やフィッシングのSMSについて情報提供し、相手方とは接触せず、一切無視するようにアドバイスしました。

 心当たりのないSMSやメールが届いても、安易に連絡せず、事業者の正規のホームページでフィッシング被害に関する情報がないか確認しましょう。また、日ごろから登録された連絡先以外はフィルターを掛ける等の自衛手段をとりましょう!

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ