消費生活情報メールマガジン
週刊 はまのタスケ・メール』

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)

先輩に勧誘された副業アプリ!!簡単に儲かる話はありません!!

 職場の先輩から、株価動向を予測するアプリ(50万円)の購入を勧められた。高額で払えないと断ったが、「1人勧誘するごとに7万円のマージンが入る。費用がないなら消費者金融で借金をすればいい。」と言われ、断り切れず契約した。昨日、契約書面を受け取り、クーリング・オフの記載があったのですぐに先輩にメッセージアプリで解約の意思を伝えたが、クーリング・オフが出来ているか心配だ。(23歳、会社員)

センターからのアドバイス

 クーリング・オフ期日が迫っていたことから、記録が残る方法で事業者の代表者宛に速やかに通知を出すよう書き方・出し方をアドバイスしました。また、クーリング・オフは発信主義であり、期間内に事業者に届いている必要はないことも伝えました。

 身近な人からの勧誘で断りにくいと思っても、実態やしくみが分からない儲け話には関わってはいけません。きっぱり「契約しない」と断りましょう。「お金がない」と断ると消費者金融への借金を勧められる場合がありますが、安易に借金してまで契約してはいけません!

消費者力をパワーアップしよう♪
メールマガジン「週刊はまのタスケ・メール」をご活用下さい。

配信登録はこちら(新しいウィンドウで開く)
一覧に戻る

ページトップへ